yuki0414.blog

パソコン改造記録や、カスタムCGI、ページ作りの覚え書き

 

<< 「世界で最も美しい顔100人」? | main | 第69回NHK紅白歌合戦 >>

海上自衛隊のP1哨戒機が韓国の駆逐艦から火器管制(FC)レーダーの照射を受けた問題

日本の海上自衛隊(P1哨戒機)が、日本の排他的経済水域(EEZ)で活動中、韓国海軍の駆逐艦から撃墜を意味するロックオンと同等のことをされたということ。
分かりやすく言えば、映画とかで良くある銃の赤いレーザー光が、頭や心臓に当たっている状態。
ハッキリ言って、打たない限り日本は攻撃はしてこないと、ばかにしてるんだよね。


遺憾の言葉では通用しない相手です。
もし今後同じようなことが起きたら、攻撃するくらいのことを伝えてあげなきゃ深刻を理解してない。
ロックオンされた自衛隊機の隊員は、訓練はしているとはいえ攻撃はできない。
いつ撃ってくるかも分からない頭のおかしい韓国人。どれだけ怖かったことだろう。
相手が日本でなければ撃墜されて当然の行為。
そもそも、日本が撃ち返さなかったのは憲法ではなく素人相手だったということ。


殺してしまえば気分悪いし、海を汚してしまう。
ミミズだって、おけらだって、ウジ虫だって生きているんだ。生まれた環境が悪かったというだけ。
韓国に生まれたってだけで可哀想じゃある。
世界中に嫌われ、海外では韓国人ってだけで笑われて日本人だと偽って生きてきた。
でもそれは解決にならないの分かってるよね?
あなたはそれで生きてきたかも知れない、でもそれを子や孫の世代にもさせたいのか?
韓国人が世界中で信用されないことを、誰かや生まれのせいと逃げず理解し改めていかなきゃ。
政府代われば考えコロコロ変わるくせ。

日々の生活 | - | -

admin