yuki0414.blog

パソコン改造記録や、カスタムCGI、ページ作りの覚え書き

 

Lenovo B590 その3【HDD交換】

知人から貰ってきて改造中のB590。


最終章として、HDDをSSDに交換しました。


スペックのおさらいしておきます。
LenovoのB590(59394996)2013年10月発売。
・OS:Windows 7 Professional(SP1) 64ビット
 ⇒Windows 10pro. 64ビットに更新。
・プロセッサー:インテルCeleron 1005M(1.90GHz)
 ⇒変更なし
・メモリ:PC3-12800 DDR3 SDRAM(2GB×1)
 ⇒2GB+8GB追加=10GB
・HDD:500GB(5400rpm)
 ⇒今回変更する
・ディスク:DVDスーパーマルチ・ドライブ
 ⇒変更なし
・ディスプレイ:LED 15.6型タッチ無し
 ⇒変更なし
・ワイヤレスLAN:802.11 b/g/n、Bluetooth無し
 ⇒802.11a/b/g/n WLAN + Bluetooth


現在のHDDが500GBということで、容量UPも考えましたが、
本体には多く置かないので、容量そのままで高速なSSDへの変更とします。


余談になりますが、機密情報や個人情報の漏えいで大騒ぎする人。
少し前までは、パソコンする人ってオタクが殆どで知識もあったのだけど、
ネット機器が急激に普及したために、使う人の知識が追い付かなかった。
スマホでの電話番号などは仕方ないにせよ、それなりにセキュリティに気を付けるべきもの。
ましてや必要最小限以外の見られて困るものを本体に置くなんて、ありえない。
外付けに保存し、必要な時にだけ接続しましょう。


Crucial(クルーシャル) MX500 SATA3 内蔵2.5インチ CT500MX500SSD1


手順などは、前に書いた『HDDをSSDに交換』と同じなので省きます。


まずは交換前のベンチマーク
交換前.png←HDD(交換前)


SSDに交換後のベンチマーク
交換後.png←SSD(交換後)


インストールしてキャッシュを有効。Crucial Storage Executive
キャッシュ.png


ついでにバッテリーも交換。


結果として、起動時間は半分以下。サクッと使えるノートが完成しました。
改造総額:\20,047-(税込み、全送料込み)


スペック的には、メインとしても充分でしょう。
でも自分では使う機会は無いので、誰か適当な人にあげようか思う。

パソコン | - | -

Lenovo B590 その2【改造】

知人から貰ってきて改造中のB590
LANカード802.11 b/g/nを、802.11a/b/g/n WLAN + Bluetoothに入れ替えました。
この機種はBIOSでチェックしていて、元々付いてるLANカードか、これ以外のでは起動できないみたい。
手持ちのインテルのLANカードを何枚か試したけどダメだった。


B590は元々、Bluetoothが付いてない機種でアンテナも購入。
接続端子に、U.FLとMHF4が有るので注意。U.FLを買いましょう。


無線LANは、入れ替えただけでOK。接続設定はやり直す必要があります。
Bluetoothはデバイスマネージャーにも表示されない状態で、先ずはLenovoのサポートからドライバをインストール。
再起動もしてみたけど、それだけじゃまだ表示されない。
ハードウェア変更のスキャンしてみたり、設定を変えてみたりと試行錯誤。
結局はデバイスマネージャーにBluetoothが表示されなければ始まらない。
Windowsの更新のタイミングで正常に使えるようになりました。


この機種でのBluetooth機能追加は、ネット上で失敗談しか無いので書いておく。

パソコン | - | -

まだまだ使える!Lenovo B590【改造】

知人から、新しく買ったパソコンの設定をして欲しいと頼まれたので行ってきた。
ログイン・Wi-Fiなどの初期設定や、FXに必要なソフトのインストールや設定など。
知人は全くの初心者で、パソコンは今までも持ってたけど全く使っていなかった。


ということで、お礼に前のパソコンを貰ってきた。
機種は、LenovoのB590(59394996)2013年10月発売。
OS:Windows 7 Professional(SP1) 64ビット
プロセッサー:インテルCeleron 1005M(1.90GHz)
メモリ:PC3-12800 DDR3 SDRAM(2GB×1)
HDD:500GB(5400rpm)
ディスク:DVDスーパーマルチ・ドライブ
ディスプレイ:LED 15.6型タッチ無し
ワイヤレスLAN:802.11 b/g/n
Bluetooth:無し


状況として、数年前の購入時に設定してあげたそのままで、殆ど使っていない。
逆に、放置していて状態は最悪。水濡れでキーボード不良とバッテリーの不良。
とはいえ殆ど使ってないので、見た目は新品同様。
これからも使えるようにスペックアップしました。


まずはキーボードの交換。英字キーボードへ。


メモリの増設。最大8GBだけど、2GB+8GB追加で10GB認識。


その後、Windows10proに無償アップグレード&ドライバやソフトの更新。
今のところそこまでだね。
あと、欲を言えば...
持ち歩かないけどバッテリーの交換と無線LANカードを802.11a/b/g/n&Bluetooth対応に変えたい。
HDDをSSDにして、光学ドライブをブルーレイ対応に変えれば完璧だな。
総額3万も掛ければ、知人が新しく15万で買ったパソコンを超えてしまうだろう。


でも使わないだろうな。
家ではデスクトップ使うし、モバイルも良いの持っている。
持ち歩くには大きいし、Lenovoだってバレたら恥ずかしい。

パソコン | - | -

Wi-Fi環境の改善

Wi-Fiの機種が古いのと、距離があり電波が良くないので新しく買いなおしました。
ちなみに環境は、親機(自宅)→中継機(25m離れた工場入り口)→端末(500平米くらいの工場全域と事務所)


【今回導入した親機】
BUFFALO/バッファロー 無線LAN親機 11ac/n/a/g/b 1733+800Mbps WSR-2533DHP2


【今回導入した中継器】
BUFFALO/バッファロー 無線LAN中継機 11ac/n/a/g/b 866+300Mbps WEX-1166DHP2


設定は、セットアップガイド通りにやれば初めてでも簡単にできます。
経験有るからと過信せず、何も考えず説明書通りに行いましょう。
昔のにも、AOSS/WPSは付いているものの認識できないの繰り返しで、上手くいかないことがあった。
手動での設定は多少のパソコンの知識が必要だった。
それに比べ新しいのは一発認識。後は必要によって好みに合わせ微調整。
えらく楽になったものです。


結果、2.4GHz・5GHz共に良好で、事務所内は流石に5GHzは弱いけどちゃんと安定して繋がります。
自宅から事務所のWi-Fiプリンターにも安定して印刷できます。
前はタイミング悪いとエラーになってた。
事務所でも電波探さずパソコンも使えるようになった。

パソコン | - | -

【自分でできる】VAIO LのBRドライブの交換

SONYのVAIO L(VPCL13AHJ)のハードディスクをHDDからSSDに交換したので、一緒に光学ドライブBD-RWを交換しました。
ブルーレイやDVDの作成は、ずっと他のサブ機で行ってきましたが、
観ようかなとしたら、いつの間にかメイン機の光学ドライブが読み込み悪くなっていた。
クリーニングを繰り返しても改善せず。ついでに変えちゃおう。


元々付いてるのはPanasonic製UJ-240です。
デバイスマネージャーでは、MATSHITA BD-MLT UJ240Aと表示されています。
せっかくだから、BOXL対応のものを探していたら中古動作保証品で安いのが見つかりました。
パソコンリース回収からの取り外し品かと思いますが、数に限りがある。
この金額ではなかなか買えない。このチャンスは逃せない。


今回購入したのはこの商品。厚み12.7mmスリムでさえあれば、メーカーを問わず合うものです。
パイオニア 12.7mm 内蔵型スリムドライブ(ドロワ方式) BDR-TD05 バルク BDXL対応


取り外し方は、こちらを参考にさせていただきました。
分解工房 BD/DVD交換


ベゼルの取り外し方は、こちらを参考にさせていただきました。
光学ドライブのベゼルの交換方法


結果、動作確認もバッチリで満足のいくものでした。
再生に必要なプレイヤーや、書き込みに必要なライティングソフトは付いてないので、ご自分で用意しましょう。
今まで使ってたソフトで対応できるはずです。


今回、SSDの交換とBRドライブの交換を行いました。
気になっていた起動も早くなり、ブルーレイも見れるようになった。
あと5年はメイン機としても不満なく使えると思う。

パソコン | - | trackback (0)
1/4 >>

admin